必要なコスト|自分にピッタリの物件を探そう|不動産会社は相談に乗ってくれる

自分にピッタリの物件を探そう|不動産会社は相談に乗ってくれる

積木

必要なコスト

間取り

一般的に吉祥寺や都内の不動産会社で賃貸マンションの契約する場合、契約時に敷金と礼金を支払います。契約する物件によって変わってきますが、以前は敷金2ヶ月、礼金2ヶ月という金額が最も多いケースでした。また、合わせて初月の家賃を支払うことが多いため、合わせて5ヶ月分のお金が必要となることがありました。また、吉祥寺や都内にある不動産会社へ支払う仲介手数料も約1ヶ月分ほど必要になるのです。敷金は主に退去時に契約時の状態に戻すための工事やクリーニング費用として利用されます。きれいに部屋を使っていればそれらの費用が少なくなるため、差し引きで多くのお金が戻ってきます。反対に部屋を汚してしまったり、家具を壊してしまったりすると敷金のほとんどが使われてしまいます。礼金は大家さんへ支払う金額ですので、戻ってくることはありません。

最近の賃貸マンションの契約においては、敷金や礼金などの初期費用を少なくするのがトレンドのようです。反対に退去時にクリーニング費用などを支払う物件が増えてきています。最初にお金を支払うか退去時に支払うかの違いですが、初期費用を抑えることで賃貸マンションを契約しやすくなるのは借り手にも貸し手にもメリットがあります。今後も初期費用を抑える傾向は続くことが予測されます。関東においては上京してくる人や外国人の数が増えてきていますので、そのような人たちも気軽に賃貸マンションを借りられるようになるかもしれません。賃貸で物件を契約する場合は、トータルでいくらを支払うかという点を考慮するとお金の運用の面で効率が良いので意識してみましょう。